女性の割合が多い中、男性看護師として働くメリットとは

男性看護師が働きやすい環境とは

男性が看護師になるメリットとは?

男性が看護師になるメリットとは?

男性が看護師として働くメリットについてまとめています。男性看護師は期待される役割も多く、さまざまな職場で重宝されています。また、他の職業に比べて収入も高いため、仕事として「看護師」を選ぶ男性が増えているのです。

体力が必要な仕事を任せられる

看護師には病気やケガに対する医療知識や看護技術が必要ですが、「体力」も必要不可欠です。寝たきりの患者さんの床ずれを予防するために身体を動かしたり、足腰の弱い患者さんを車椅子に乗せたりすることもあります。体力がなければそのような仕事は難しいでしょう。また、腰に負担がかかる業務も多いため、女性看護師には厳しい場面も多々あります。これらの業務はどちらかといえば男性に向いているため、男性看護師に任される場合が多いようです。

医療機器の扱いに長けている

最近の医療機械にはさまざまな機能が付いているため、取り扱いが複雑になっています。操作を覚えて使いこなすまでかなりの時間を必要とする人もいることでしょう。機械を扱うのが苦手、という人は男性よりも女性の方が多いため、仕事がスムーズになると分かってはいても覚えるまでの手間を考えると、新しく医療機械を導入することを負担に思うかもしれません。しかし、機械に詳しい男性看護師が職場にいると分かりやすく使い方をレクチャーしてくれるため、非常に助かります。

男性の患者さんの対応

病気やケガで傷付いた身体と心の両方を一緒にケアしなければならないため、患者さんの悩みを聞くのも看護師の大切な仕事です。しかし、男性の患者さんの中には、「女性看護師に悩みを打ち明けたくない」と黙っている人もいます。無理に聞き出すとトラブルに発展してしまこともあります。女性看護師には相談しにくい悩みを持っている男性の患者さんにとって、男性ならではの悩みを理解してくれる男性看護師は頼りになる存在です。

高収入が得られる

男性看護師の収入は女性看護師よりも高いというデータがありますが、それは男性看護師は女性に比べて結婚や出産などのライフスタイルの変化が仕事に影響しにくいからです。キャリアが途中で中断されないため、女性よりも短い時間で管理職になることも可能です。また、夜勤に入りやすいことや精神科や透析室など「危険手当」の付く部署で働いている人が多いことなども、男性看護師の収入が高い理由のひとつです。
では、具体的に男性看護師の平均年収はどれくらいなのかを見ていきましょう。厚生労働省のデータによると、女性看護師の平均年収は376.6万円でしたが男性看護師の平均年収は549.6万円でした。およそ180万円近く多く得ていることが分かったのですが、これは一般看護師の場合です。看護師長など管理職になると平均年収もさらにアップします。看護業界は勤続年数が長くなればなるほど給与がアップするため、管理職の地位に就けば800万円や1000万円となど桁違いの収入を得ることも可能です。

男性看護師の働き方のコツをご紹介