男性看護師が転職を成功させるカギは転職サイトの選び方

男性看護師が働きやすい環境とは

転職サイトは2種類ある

転職サイトは2種類ある

転職サイトは求職者にとって頼りになる存在です。しかし、多種多様にあるためどれを選べばいいのか迷ってしまう人もいるでしょう。転職サイトの選定に悩んでいる男性看護師に向けて役に立つ情報をお伝えします。

転職サイトは2種類に分かれている

転職サイトには「人材紹介サービス」といわれるものと「求人広告サービス」といわれるものがあります。
人材紹介サービスとは、求職者をさまざまな面でサポートする「転職エージェント」のことです。求人を出している病院と転職先を探している求職者の間に立ち、転職が成功するように一丸となってサポートします。
それに対して、求人広告サービスは転職活動に介入することはほとんどありません。基本的に求職者が1人で転職活動を行います。自分のペースで転職したいと考えている人に向いています。

「人材紹介サービス」

人材紹介サービスで行っている転職サポートは、「求職者の希望を元にした求人紹介」「非公開求人の紹介」「面接日程の調整」「転職した際の給与交渉」「履歴書や職務経歴書の添削」「入職後のアフターフォロー」などです。
後悔のない転職にするためには、自分に合った職場を見つけなければなりません。そのためには、優先すべき条件を明確にしておくことが大切です。ある程度条件が絞られていれば求人の数が多くても選別しやすくなるため、条件に合う求人を見つけやすいでしょう。しかし、条件を満たしている求人が複数ある場合はどれを選べばいいのか決めかねてしまうかもしれません。その場合は転職サイトのコンサルタントに相談するといいでしょう。応募先候補の職場の情報を詳しく教えてくれるため、比較しやすくなります。また、給与などの交渉も代わりに行ってくれるため、よりよい条件での転職が可能です。

「求人広告サービス」

求人広告サービスには転職エージェントのようなサポートはありません。求職者が自分で応募するかどうかを判断します。基本的に非公開求人は扱っていないため、掲載されている求人がその転職サイトで紹介しているすべての求人です。面接日程の調整や給与交渉も求職者本人が人事担当者と直接やり取りします。履歴書や職務経歴書の添削もありません。入職後のアフターフォローも特に行っていないため、後悔のない転職にするためには、自分でしっかりと見極めて、準備する必要があります。人材紹介サービスと比べると、サポートが不十分に思えるかもしれません。しかし、「自分ですべての工程ができる」ことこそ、求人広告サービスを利用する大きなメリットです。また、直接やり取りできるため疑問点もその場で質問してすぐに解決できます。

男性看護師の働き方のコツをご紹介